【IPO新規上場】「霞ヶ関キャピタル」の上場スケジュールや取扱証券会社、当選枚数は?

11月28日(水)に上場予定の「霞ヶ関キャピタル」のIPO新規上場情報をご紹介します。

IPO基本情報

会社名 霞ヶ関キャピタル (3498)
業種 不動産業
所在地 東京都千代田区
代表者 河本 幸士郎 (代表取締役社長)
上場市場 東証マザーズ
上場予定 2018年11月28日(水)
当選枚数 1,550枚 (O.A.分含む) 激レア
想定価格 3,660円
仮条件 3,000円~3,240円 弱気
公募価格 3,240円 上限決定
初値 6,240円 (公募価格 +3,000円)

上場スケジュール

仮条件発表 2018年11月07日(水)
抽選申込 2018年11月09日(金) 2018年11月15日(木)
当選発表 2018年11月16日(金)
購入申込 2018年11月19日(月) 2018年11月22日(木)
上場予定 2018年11月28日(水)

Googleカレンダーに登録

取扱証券会社と当選枚数

証券会社 当選枚数 抽選枚数
主幹事 みずほ証券 資金重複可 1,429枚 142枚
幹事 SMBC日興証券 67枚 6枚
SBI証券 資金重複可 27枚 12枚
いちよし証券 前受金不要 27枚 4枚
その他 マネックス証券 -枚 -枚
松井証券 前受金不要 -枚 -枚

※各社の当選枚数、抽選枚数は「見込み」の数字です。

IPO情報の分析

公募株数 135,000株
発行済株数 1,210,600株
売出株数 なし
O.A. 20,000株
その他 1,190,600株
新株予約権 168,200株分

売出比率とオファリングレシオ

売出比率

「売出」は既存株主の利益確定、「公募」は企業成長のための資金集めの意味合いが強いため、売出比率は低いほど投資家に好まれます。

オファリングレシオ(O.R.)

O.R.は上場時の発行済株式総数に対する市場流通株の割合を示しており、低いほど入手が難しく人気化しやすくなります。

ちなみに過去5年に上場したIPO情報を分析したところ平均値は25.5%、中央値は22%となっており、また特に20%未満の場合は94.1%の確率で初値が公募価格を上回っていました

時価総額と吸収金額

時価総額 約43.6億円
吸収金額 約5.0億円 (O.A.分含む) 超小型案件
(公募価格ベース)

「吸収金額」は上場時の予定株価と発行済株式総数から求められ、この金額が小さいほど上場時の株価上昇が期待できます。

また特に今回のように10億円に満たない小型案件は人気化しやすい傾向にあります 。

主な株主の状況

株主名 保有率 売出率 ロックアップ
小川 潤之 49.43% 180日
河本 幸士郎 (代表取締役社長) 16.43% 180日
EEIスマートエナジー投資事業有限責任組合 6.09%
川口 正人 5.80% 180日
加藤 裕司 3.86% 180日
山下 幸三 3.13% 180日
廣瀬 一成 2.47%
石井 晃 2.44% 180日
(株)トリプル・アイ 2.03% 180日
鈴木 健仁 1.09%

ベンチャーキャピタル(VC)の状況

株主の中からVCの可能性がありそうな名前の会社を挙げてみました。

株主名 保有率 売出率 ロックアップ
EEIスマートエナジー投資事業有限責任組合 6.09%

ロックアップの状況

新株予約権の状況

行使可能期間 行使可能株数 行使価格
2018年07月01日 2026年06月30日 100,000株分 1,250円
2019年08月23日 2027年08月22日 12,000株分 1,786円
2019年11月29日 2027年11月28日 26,600株分 2,150円
2020年06月09日 2028年06月08日 29,600株分 2,500円

上場時点で行使可能な新株予約権が合計100,000株分残っています。

過去5年間のデータに基づく評価

上場市場について

4.5 東証マザーズに上場した企業のうち93%で初値が公募価格を上回りました。

業種について

5.0 業種「不動産業」で上場した企業のうち96.4%で初値が公募価格を上回りました。